2005年04月28日

絵本に学ぶ、トライ&エラー

私が子供の頃、読んでいた絵本です。
今は娘に受け継ぎました(笑)
 
『りんごがたべたいねずみくん』
作・なかえよしをさん
絵・上野 紀子さん
の作品です。
 
 
とりくん やって きて
りんごを ひとつ
とりました。
 
ぼくにも
つばさが
あったらなあ
 
羽ばたいてみます。
 
次に、さるくん ぞうくん きりんくん カンガルーさん さいくん
 
木登りしてみます。
鼻を伸ばそうとしてみます。
クビを伸ばそうとしてみます。
高く跳ぼうとします。
力でなんとかしようとします。
 
どれも、ねずみくんには出来ません。
 
最後に、あしかくんがやって来て
あしかくんに聞くんです。
 
あしかくんもどれも出来ないと言います。
 
しかし、ねずみくんはあしかくんとタッグを組んでりんごをGetします。
 
深いです!
まさにパートナー。
 
たまたま久しぶりに読んだら感動してしまいました。
絵も一緒だともっと伝わってきます。
ねずみくんの努力している姿が描かれています。
 
お互いの長所を生かすことで、出来ないことを出来ることに変えたんです。
(今ごろ、この本のメッセージを読み取っております。 おそっ!)
 
あまりに学びと気づきがあったので、絵本の本文を全部書いてしまったのですが
踏みとどまりました。
 
著作権ありますもんね。(アブナイ アブナイ)
 
そんなわけで、ダイジェストにてお送りいたしました。
 
ふるい本だからないと思っていましたがありました。
 
この本です。
りんごがたべたいねずみくん
 
 
 




成功したい人のブログ

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ratnao/20299261