2005年04月06日

成功天秤、真ん中・中性・ニュートラル!

ヤバイ!もうはじまってる。
 
今日、木更津キャッツアイ・日本シリーズだよ。
 
木更津〜キャッツ! にゃあ! キャッツ! にゃあ! クリック! あぁぁぁ...ありがとうございます!
 
 
友だちと飲みにいったり、遊びにいったりしますよね。
 
その時にノリの悪い友達がいて、せっかくの楽しい時間が何となく気まずい雰囲気...
 
この週末を楽しみに、1週間の激務に耐えてきたのに...
 
なんか爆発的にハシャギづらい。
 
そんな経験あると思います。
 
これ、「ツキ」の悪循環。 グルグル廻りの始まりです。
 
そのまま放っておくと、大切な休日がパァーになります。
 
この「ツキ」の悪循環は伝染します。 空気感染です。
 
例えば...
 
Aくん:「なんだコイツ久しぶりに会ったってのに」
Bくん:「何?どおしたの?」
Cくん:「別に...」
Dくん:「別にって、だったらもっとさあ...」
 
みたいな感じで感染していった経験あると思います。
(これは例なので、即効で感染させました(笑))
 
人間の脳は悪いこと、嫌なことを思い出しやすく出来てます。
 
コレって自動的に命(自分)を守る機能の一つなんですって。
 
良いことばかり思い出すように出来てたら、危険な目にあった時のことまで忘れます。
 
危機管理能力が欠けることになるから種の保存がしにくくなるわけです。
 
大げさな表現ですが、基本はそうなってるらしいです。
 
だから、1つ嫌なことを思い出すとアレもコレもとグルグルまわりだします。
 
人が愚痴るときってストーリー性ないこと多いでしょ?
 
あれは、思い出したこと片っ端から言ってるだけなんです。
 
たまに、愚痴を全部吐き出すとサッパリする人がいます。
 
吐き出しながら脳が情報を処理してるんですね。
 
さて、どおするか・・・
 
ここでプラス思考が出てくるわけです。
 
嫌なことも感染しますが、楽しいことも感染します。
 
上に書いたパターンの逆もありますよね。
 
これまた経験があると思います。
 
疲れて、なんかイライラして落ち込んだまま友だちとの約束へ向かいました。
 
遊んでるうち、無邪気にはしゃぐ友だちの顔みてたら落込んでるのがバカバカしくなって、笑えてきて楽しくなっていつのまにか立ち直ってたことってあるでしょ?
(単純すぎます?)
 
それじゃ違うパターン。
 
自分には何の取柄もないと思っていた人が、成功者として名を馳せています。
 
「この本に出会って私は考え方が変わりました!」
 
これって良い感染ですよね。
 
例えば、成功法則とかの本でプラス思考に感染したわけです。
 
セミナーとかもそうです。
 
感染とか言ってますけど、「氣をもらう」って表現もありますね。
 
「笑う角には福来る」とか「氣の持ちよう」とか「目は口ほどにものを言う」コレ違うかな?(笑)
 
プラスとマイナス。 表と裏。 長所と短所。 右と左。 上と下。 善と悪。
 
必ず対になっていて、そのどちらかを選ぼうとする。
 
出来事はいつも真ん中にあって、それを振り分けてるには自分自身。
 
良くも悪くも自分自身なんです。
 
以前、私たちチームの会議でですね。
 
出来事というのは全て中性「ニュートラル」なんだよ。
 
という話がありました。
 
これは、デイブ・ベルサーとういう人が言った言葉です。
 
この本を書いた人です。
 
 
 
人の脳(潜在意識)ってウソとホントの区別がつきません。
 
判断してるのは顕在意識です。
 
ウソだろうがホントだろうがどっちだっていいんです。
 
脳はあなたが心から望むことのために動いたほうが楽しいんです。
 
グルグルまわりから抜け出せないでいる人には、「自分がそうしてるんだ」ってことを話してあげたらいかがでしょう。
 
 
さてさて
こちらもプラス思考で生まれ変わったそうです。
↓↓↓
生まれ変わったe-起業! 生まれ変わって5月末日販売終了! なっなんですと!
 
 
いつもありがとうございます。 ランキングチェック!してみてください。
  

Posted by ratnao at 22:36Comments(0)TrackBack(0)

2005年03月10日

成功天秤、子供式成功法の分析

【お知らせ】
只今、ロバートアレンチームHP「実践!オンラインビジネス情報サイト」がサーバー移動のため3月12日までリンク切れする可能性があります。
ご迷惑をおかけして大変申し訳ございません。
復旧までしばらくお待ちください。
よろしくお願い致します。
お急ぎの方は「無料請求資料」をご利用ください。
 
 
人気ブログランキングです。 応援よろしくお願いします。
 
 
昨日は「ネオテニー(幼児的特徴)」の話題でした。
 
なぜこれらのネオテニーは隠れてしまうのでしょう?
 
大人になっても大切なことですよね。
 
未知の分野を開拓する時、新しい何かを生み出すとき、守るべき何かを守るときなどなど。
 
なぜ発揮できないのか私なりに考えてみました。
 
 
好奇心:何か興味を惹かれることやモノにワクワクする。
この気持ちを表に出すと「また夢見たいな話してるよ」と言われるのが苦痛になる。
体裁、世間体などを気にし始める。
 

想像力:絵本やおとぎ話などを本気で信じたり、本当にあった話なんだ!と想像する。
「あれは神話の中の話じゃん」と圧倒的意見に押しつぶされてしまう。
トロイの遺跡を発見したシュリーマンは子供の頃に見た神話を本気で信じ続け、見事遺跡を発掘した。
偏見のなさにもつながりますが、想像力の影響だと思います。

     
遊び好き:人は楽しくなると良く笑い、よくしゃべる。
遊ぶことによって脳が「快」の状態になるから。 
逆を言えばよく笑い、よくしゃべることで脳が遊びはじめる。
 

偏見のなさ:何も知らないということからはじまるが、何も知らないことが、本質を見抜く力になっていると思う。
親や周りの大人の会話などをいつのまにか聞いているので、親の嫌いな芸能人を自分も理由もなく嫌いだったりすることってありますよね。
親が仕事関係の人を家の中でブツブツ言っていると、そのブツブツを聞いて育った子は大人になって親の仕事関係の人をなぜか嫌いだったりします。
 

何でも試してみる:思ったことをやらずにいられない。
おもちゃ売り場でダダをこねる時。 
欲しいモノを手にするために色々仕掛けてきます。
泣きまねが代表例ですね。
そのうち本当に泣き出して自分がなんで泣いてるのか分からなくなり、欲しかったモノも忘れ玉砕しているケースをよく見かけます。(笑)
余談ですが。
泣きまねという行為が脳に泣く信号を出させてしまうから、ホントに泣いちゃうんです。
「笑う」と楽しくなる。 「ありがとう」と言えば気持ちが良くなる。
実は順番は逆だったんですね。
人目を気にせず、座り込みを決めるのも「偏見のなさ」から来るのでしょうか?(笑)
 

柔軟性:掟破り、ルール、常識にしばられない。
子供と遊んでいると、ルールがドンドン変わっていきます。(笑)
自分が勝つためのルールを構築していきますよね。
「非常識な儲けの仕組み」みたいなもんです。
団体行動や集団生活などの教育の過程で薄れていくものでしょうか。
 

ユーモア:仕切りや壁のない自由から生まれてくる「面白さ」。
偏見や柔軟性、遊び好きなどここに書かれている全ての要素から発想されるアイデアとでもいいましょうか。
ここにある要素が抜ければ抜けただけ「ユーモア」は無くなりますよね。
 

エネルギー:とにかくパワフル!
自分がやりたいこと、楽しいことへのエネルギーって尽きませんよね。
1週間仕事して疲れているのに、週末の遊びのためならいつもより早く起きてしまうあのパワー。
脳が「遊ばせてくれ〜」と言っているのではないでしょうか。
 

新しい考えを受け入れること:「偏見のなさ」や疑うことを知らないことから来るものではないでしょうか。
パソコン世代の子供達をみて、大人がこう言います。
「最近の子だから慣れるのが早いねー」
最近の子供だからではなく、新しいものを偏見なく当たり前の事と受け入れているからですね。
「バカの壁」がないわけです。
環境の変化についていけない。
自己保身=自分の殻
 

正直さ:物事に対して、流れに対して素直であること。
例えば、最近はいろんな仕事でPCを使う。
昔はそんなものはなっかった。
使わなくてもやってこれたとかたくなに拒絶していると、取り残される。
これも自己保身=自分の殻
本当に守ってることにはならないのに。
 

学習欲:なんで? どうして? 知りたい!と思うことが学習欲。
やらされる学習がいつのまにか学習欲を削ぎ落とす。
学ぶことは強制ではなく、知りたいことを知るこという純粋な好奇心でもある気がします。
 

愛することへの欲求:「愛されたいから愛する」ですかね。 
う〜ん。 「愛」永遠のテーマですね。
 

まあ、このような感想を抱きました。
 
どれもこれも小さな事が積み重なってるだけですよね。
 
子供から大人になる過程で色々な経験や情報が、積み重ねられた分隠れてしまうのではないでしょうか?
 
積み重なってくるものを、「いらないもの」と判断し、跳ね除けることのできる人間はそう多くないですからね。
 
でも「いらないものなんだ」と気づくことさえ出来れば、捨てることは簡単だと思います。
 
あなたも子供式成功法で「成功脳」を作りませんか?

とても面白い本です! ぜひ読んで下さい。(ネタ元です)
 
一生遊んで暮らせそうな気がしてきました!(笑)  インプット インプット
 
 
最後までありがとうございました。
 
人気ブログランキングです。 応援よろしくお願いします。
 
  
Posted by ratnao at 17:52Comments(0)TrackBack(0)

2005年03月09日

成功天秤、子供で良い

【お知らせ】
只今、ロバートアレンチームHP「実践!オンラインビジネス情報サイト」がサーバー移動のため3月12日まで休止となっております。
ご迷惑をおかけして大変申し訳ございませんが、ご理解のうえ、復旧までお待ちください。
よろしくお願い致します。
お急ぎの方は「無料請求資料」をご利用ください。
 
人気ブログランキングです。応援!よろしくお願いします。
 
 
前回は脳に成功イメージをインプットすると脳が成功達成のために動き始める。という記事を書きました。
 
アファーメーションブックは多くの成功者が実践し成果を出している方法ですね。
 
日本では神田正典氏が紹介されてます。
(その他有名どころでは、ロバートアレン氏やブライアン・トレーシー氏など)
 
ピクチャーブックについても、アメリカではセミナーが開かれているほどです。
(アファーメーションブックやピクチャーブックの簡単な説明は前回の記事で)
 
 
さて今回は。
 
あなたの中の親が「成功」の邪魔をしています。
 
子供の頃、あれはダメこれはダメと言われた思い出があると思います。
 
あのダメ!というのは大人の都合で言ってることなんですよね。(大半が)
 
本当にダメな時って叱り方が違ったりしてるのを最近気が付きました。(笑) (冷静に対処してたりする)
 
どんなに散らかしても、汚しても、できるだけ、ギリギリまでほったらかしでやりたいようにさせているつもりです。
 
だって片付けるの親ですからね。(片付けてるそばでだすし...)
 
おっと、子育て日記になってきた。
 
私たちが、自分の目標「成功」に向かって行動しようとする時。
 
邪魔になっているものが「ん〜成功すればいいけどねー」という自分の経験などから来るその行動への事前分析です。
 
「あの車が欲しい!」 「あの人のようになりたい!」という欲求は子供と同じです。
 
事前分析しているのが、親(大人)の役目をしているもう1人の自分です。
 
欲求(成功)のことだけを考えるとワクワク楽しいですよね。 無邪気な子供と一緒です。
 
子供の夢を叶えてあげたいと思うのは、親として当然の気持ちだと思います。
 
だとしたら、親も子供と同じ「夢」を見るようにしたらどうでしょう?
 
きっと親役のもう1人のあなたもワクワク楽しくなってくるはずです。
 
そうすればしめたもの。 
 
2人の思いは一緒ですから、二人三脚で夢に向かって爆走しはじめるでしょう。
 
この「欲求」というのは人間が生まれながらにもっている「目的達成」のための資質なんです。
 
あなたのお子さんをよーく見てください。
(まだお子さまのいない方は公園などで無邪気に遊ぶ姿やおもちゃ売り場でダダこねる姿など)
 
成功法則のカタマリです!
 
好奇心
 
想像力
 
遊び好き
 
偏見のなさ
 
何でも試してみる
 
柔軟性
 
ユーモア
 
エネルギー
 
新しい考えを受け入れること
 
正直さ
 
学習欲
 
愛することへの欲求
 
これらを「ネオテニー(幼児的特徴)」というんだそうです。
 
このネオテニーが大人になるにつれて薄れていっているのでしょう。
 
しかし、消えてしまうわけではないようです。
 
隠れてしまっているだけだという考え方。
 
消えるわけないですよね。
 
休日、遊びにいって友だちといる時とかってこのまんまじゃありません?
 
そして「遊ぶ」という行為が「成功するための脳」を作るんだそうです。
 
さあ、遊びにいきましょう!
 
 
余談ですが...
 
大人と子供では欲しているものが違うだけなんですよね。
 
子供がおもちゃが欲しいとねだるのは、大人が車が欲しいと思うのと一緒。
 
子供にしてみればズルイ話ですよ。
 
自分だって子供の頃もってたんでしょ? んで大人になっても欲しいもの手に入れるんかい!
 
ちょっと知恵がついてきた子供が「大人はズルイ」と文句を言うのはここら辺にツッコミを入れています。(笑)
 
 
最後までありがとうございました。 
 
人気ブログランキングです。 応援!よろしくお願いします。
  
Posted by ratnao at 18:16Comments(0)TrackBack(1)

2005年03月08日

成功天秤、「古い脳」と「新しい脳」

人気ブログランキングです。click!よろしくお願いします。
 
 
アファーメーションブックって聞いたことあります?
 
毎日、自分の目標を過去形で書いて、暗唱するためのノートです。
 
あともうひとつ
 
ピクチャーブック。
 
これは自分が欲しいもの。
 
車とか家、目標とする人物などを白いコピー用紙に貼って、クリアファイルなどに入れて眺めるためのものです。
 
自分の目標をノートに書いて読み上げたり、欲しいものを貼り付けてファイリングしておくこの方法。
 
自己暗示といってしまえばそれまでですが、実はこの方法は脳に目標をインプットするためのトレーニングなのです。
 
以前、免疫と自律神経のバランスの記事を書きました。
(「成功天秤、免疫力でバランスを取る」http://ratnk.livedoor.biz/archives/2005-02.html
 
この自律神経というのは、生命維持活動を担うものですが人間だけでなく動物も持っている「古い脳」です。
 
体の健康バランスを自動的にコントロールしてくれているものですが、それと同時に夢や望みを叶えてくれる力を持っているのです。
 
この「古い脳」にアファーメーションブックやピクチャーブックなどにより、明確な「目標」がインプットされると人間だけが持っている大脳新皮質「新しい脳」と手を組んで、インプットされた「目標達成」のためにせっせと動きはじめる。
 
その「目標」をインプットするためには「信じて疑わない」こと。
 
この「信じて疑わない」ことが「古い脳」に「目標」をインプットするコツなんです。
 
目標を達成した自分をできるだけ細かくイメージすることが大切です。
 
一緒にいる家族や友人のセリフまでイメージしちゃいましょう。
 
「そんなイメージしただけで成功すりゃ誰も苦労しないよ」と言っているあなた!
 
それ!マイナスイメージですよ。
 
イメージするだけですもん。
 
同じイメージするなら、楽しい方がいいじゃないですか。
 
 
最後までありがとうございました。 
 
人気ブログランキングです。click!よろしくお願いします。
  
Posted by ratnao at 21:48Comments(0)TrackBack(1)

2005年02月15日

成功天秤、免疫力でバランスを取る

 
 
ライフバランスと一言に言っても、望むカタチは人それぞれだと思います。
 
成功の天秤でバランスをとるものが、2つの人もいれば、3つ、4つの人もいると思います。
 
金銭的自由を得たい! 家族を守りたい! 遊びたい! などなど
 
あなたが心の底から望むライフバランスの取れた「成功」というカタチ。
 
金銭的自由はもちろんでしょうが、その反対側に健康でありたい!」ってありませんか?
 
誰も病気になりたい人はいないと思います。
 
(入院に憧れたことはありますが... すいません)
 
健康を免疫という観点から勉強してみました。
 
 
まず、免疫についての簡単な説明から。
 
免疫、免疫っていいますが免疫って何?
 
まずこの3つ、顆粒球 リンパ球 単球。
 
顆粒球  → 体内に侵入してきた細菌や死んだ細胞をバクバク食べて分解してくれてます。
         (細菌を食べて自爆します。このときに、活性酸素をまき散らしてます。 おいおい)
 
リンパ球 → 細菌などより、もっと小さいウイルスに対して抗体をつくって食い止めてくれてます。
         (リンパ内に入ってきたウイルスを食い止め、抵抗体を作る。これがリンパ腫。)
 
単球    → 別名マクロファージ。大昔、顆粒球とリンパ球がまだ1つだった頃の基本形。
         (もちろん働いてます。)
 
三つ合わせて、「白血球」ってやつです。
 
この「白血球」が「免疫力」を発揮するものなんです。
 
次に、顆粒球軍団の司令官が「交感神経」、リンパ球軍団の司令官が「副交感神経」です。
 
2人合わせて、「自律神経」ってやつです。
 
そして人は、時と場合によって「顆粒球タイプ」になったり「リンパ球タイプ」になったりするんだそうです。
 
つまり、二つの比率が入れ替わっていることが、自然で健康な状態なのです。
 
どちらかに偏向することは危険だそうです。
 
 
顆粒球タイプの弱点
 
消化機能が低下して、食欲不振や便秘になるんだそうです。
 
ストレスが原因で病気になるパターンがこのタイプ。
 
顆粒球が過剰になりその結果、活性酸素量が増え、細胞が破壊されます。
 
いろいろな病気の元になります。
 
ちなみに、交感神経を刺激するアドレナリンは、血糖上昇作用もあります。
 
 
リンパ球タイプの弱点
 
下痢、アレルギー、うつ状態などに陥ってしまうそうです。
 
食べてストレス解消、リラックスしすぎて肥満、運動不足、やる気が抜けていく。
 
 
イメージとしては
 
交感神経は「えさ取り神経」で、やる気、能動的、戦い、昼。
 
副交感神経は「消化吸収の神経」で、お休み、受動的、平和、夜。
 
こんな感じです。
 
狩して食ったら寝る!そして狩る!って感覚ですかね。
 
野生動物があんな生活して風邪ひかないのがわかる気がします。
 
両者が入れ替わりバランスを取っているんですね。
 
 
いかがでしょう?
 
どっちに転んでも、いい事ないです。
 
しかも、どちらにも糖尿病の原因があり。
 
体の中も、バランスが大事なんですね。
 
このバランスの偏りが、免疫力の退化の原因と考えられるそうです。
 
医師による治療も必要でしょうが、心の持ちようだったり、自分の生き方や生活習慣を見直すことで、病気を予防することが出来るということではないでしょうか。
 
「病は気から」とはよく言ったものなんですね。
 
 
成功する人は良く遊ぶそうです。
 
これも、顆粒球とリンパ球のバランスを取っている予防行為になっているのではないでしょうか。
 
メリハリをつけて生活することが、体の中からバランスを取ることになる。
 
あなたが心の底から望むライフバランス取れた「成功」というカタチの一角を担うものではないでしょうか。
 
 
最後までお付き合いくださいまして、ありがとうございました。
 
私たちチームのビジネスに興味のある方はこちらからどおぞ。
 
 「無料資料請求」 もしくは 「チームHP」 です。
 
もしよろしければ ランキングにご協力ください。
 
ありがとうございました。
  
Posted by ratnao at 21:03Comments(0)TrackBack(0)